• Home
  • What's New
  • (後編)ハイカムを入れたのに・低速でパワーが出ない!改善策。M8ハーレー・ミルウォーキーエイト。

最新情報

(後編)ハイカムを入れたのに・低速でパワーが出ない!改善策。M8ハーレー・ミルウォーキーエイト。

前回のブログ(前編)で、他店様でのハイカム装着とチューニングの結果、低中速のパワー低下に悩むお客様のご相談を紹介しました。

今回の(後編)では、実際に当店での改善作業についてお話したいと思います。

1、前回のブログでも述べましたが、他店様で装着されたハイカム特性が、お客様の求めているフィーリングには合わないものだと当店では判断しました。

2。そこで、低中速型カムの鉄板である、T-MANパフォーマンス製のT200カムにカム自体を交換し、チューニングを実施することになりました。

3.当店ではM8ミルウォーキーエイト用ハイカムについては、10種類以上の異なるカムの装着・セッティング実績があります。
ご存知のようにM8ミルウォーキーエイトのエンジンは、排気量が107”、114”、117”の3種類、さらにエアクールドとツインクールド等の違いもあります。
それぞれのエンジン特性と、マフラーなどの吸排気の状態、お客様の求めている内容を合わせて考え、最適なカムをご提案するよう心がけています。

4.今回のお客様の場合、117”ツインクールドCVOエンジンのモデルですが、とにかく低速重視とのご希望でしたので、T200スタンダードバージョンを選択しました。
(T-200カムにはスタンダードとよりレーシーなバージョンの2種類があります。)

(車両仕様・当店へ入庫時の状態)
2020年式  FLSTKSEー117”-CVO ツインクールドエンジン。
エキパイ:KOISOレーシングさん ステルスヘッダー
マフラー:モーターステージさん バズーカスリップオン
エアクリナー:アレンネス インバーテッドタイプ
ハイカム:他店様おすすめ品
チューニング:テクノリサーチ社・ディレクトリンク(他店様でシャシダイナモチューン済み)
DSC00004

 

1.(まずは、現在の状態での出力測定)

当店で作業する前に、現状のパワーがどのように出ているか、当店のシャシダイナモで計測してみました。

佐久間様 作業前出力グラフ

*他店様の出力グラフとほぼ同じトルクと馬力特性結果が出ました。
*やはり約1700回転~3000回転弱でトルクの谷が見られます。(緑で囲んだ部分)
当店の作業で特にこの部分の改善を行っていきます。

 

2.(当店での改善作業と、その後の出力測定結果。)

IMG-2303

カムを他店様おすすめのハイカムから、当店でT-200に交換したうえで、インジェクションチューニングを行いました。
その後に測定したのが下の出力グラフです。

佐久間様 当店作業後出力グラフ

*改善前にみられた低回転域でのトルクの谷が無くなり、力強く改善されたことが分かります。

この車両のように、ツーリングモデルで、触媒無しのエキゾーストパイプ&非常に抜けの良いマフラーという組み合わせにした場合、2500回転前後でパワーダウンしやすい傾向があります。

チューニングテクニックによって落ち込みを解消をするよう細心の注意が必要です。

DSC00005DSC00006

3.(当店作業前と作業後の出力の比較)

下のグラフは先ほどご紹介した、

当店入庫時(当店での作業前)と当店作業後の出力がどのように変化したかの比較です
線が多くてちょっと見にくいですが、低速域~中速域でのトルクと馬力の改善がよりはっきりと分かってもらえるかと思います。

佐久間様 比較表 ブログ用

少し分かりにくいですが、
*青いグラフ線が当店作業前のトルクと馬力の曲線です。
*赤いグラフ線が当店で作業度の曲線になります。

(元々入っていたハイカムと今回装着したハイカムの比較)

!cid_1945449319266620730912

他店様おすすめのカムのプロファイル(カム特性を表す様々な数値)はわかりませんが、カム山の形状、高さなどから単純に判断すると、いわゆる中速型カムかと思います。
リフト量(カム山の高さ)はそれほ大きくありませんので最高馬力追及型・高速型ではないですが、作用角(デュレーション)が結構大きいですね。
おむすび形状の山が尖っていれば作用角が小さく、なだらかな形状ですと作用角が大きくなります。
あくまでも原則ですが、リフト量が同じであれば作用角が大きいほうが中・高速型パワーカムになります。
逆に作用角が同じであれば、リフト量が大きいほど中高速向きになります。

 (元々入っていたハイカムとハーレー純正カムの比較)

!cid_43514449320372861615652

左は純正カム (正確には114”用)。右が元々入っていた他店様おすすめのハイカム。
リフト量(カム山の高さ)、作用角ともにかなり違うことがわかります。

(作業後公道テスト走行)

*シャシダイモでの作業後、実際に公道走行を行いました。
1.低速~中速域のパワー向上がしっかりと体感できました。
2.加速時ももたつくことなく、スムーズに吹け上がるようになりました。楽しい乗り味になりました。
3.アイドリングも安定しています。
3.おすすめはできませんが、このセッティングなら高速道路で純正カムの車両をぶっちぎる事も可能です。

最後になりましたがS様、今回は作業ご依頼誠に有難うございます。
また、ご納車後、快適に乗れるようになったとお電話いただき嬉しい限りです!
何かご不明な点がありましたら何なりとお知らせ下さい。